APPS化粧水,副作用

APPS化粧水って副作用はあるの?危険性は?

APPS配合化粧水を使うことによる副作用はあるのでしょうか。調べていきました。

 

APPS化粧水,副作用

 

APPS配合化粧水のデメリット(副作用)

 

APPS配合化粧水を使うデメリットとしては、肌への刺激やピリピリ感があげられます。
ビタミンC誘導体や配合成分が不純であったりするなどの低品質なものや、高濃度のものを使用したときにピリピリとした刺激が感じられることが多いです。

 

ビタミンCは取ればとるだけよいというものでもなく、ビタミンCの皮脂抑制効果は、過剰に働くことにより、乾燥肌になります。
また、浸透力とのバランスもとれていないと高濃度であっても浸透していかず意味のないものになってしまいます。APPS配合化粧水を使うのであれば、0.1~1%の低濃度のものを一日に数回つけるといいでしょう。
保存方法にも気を付けましょう。直射日光や紫外線は厳禁です。

 

日が当たらないところに保存してください。保存する際には、室温でも大丈夫な場合もありますが
沈殿が気になったりする場合には、冷蔵庫で保存してください。

 

APPS化粧水,副作用

 

敏感肌の人は気を付けて

 

APPS配合化粧水は比較的刺激の弱い化粧水になっていますが、敏感肌の人などは刺激を感じることもあるかと思います。
その際には、別に保湿成分などを含んでいる化粧水や美容液を併用するか、保湿成分が含まれているAPPS配合化粧水を選ぶといいです。

 

ニキビの治療などに使うには、低濃度のものを頻繁につけるようにしてください。効果を期待して高濃度のものを使用する方もいますが、肌の乾燥を促進したり、肌荒れのもとにもなりますので、濃度は守りましょう。発疹やかゆみ、赤みがない場合には、使用しても問題ありませんので、刺激が気になる方は低濃度に調整して使用してください。
APPSは刺激性のものであるので、目や口に入らないように注意してください。

 

 

 

APPS化粧水の副作用まとめ

 

APPS配合化粧水の副作用について調べていきました。高濃度で使用した場合のピリピリとした刺激が一番
副作用としてあげられています。ニキビ肌の改善目的や、敏感肌の方は、低濃度に調整して使うと刺激が気にならなくなります。
朝晩のケアの際に、こまめに化粧水を塗るようにするとより効果的です。高い濃度にしたからといって浸透力があがるわけでもないので、濃度は0.1~1%くらいにして使用するといいですね。
1%でもひりひりする場合には半分の0.5%程度にして肌の様子を見るのも効果的です。APPS化粧水と併用して、保湿成分が配合されている美容クリームや乳液などを塗ると乾燥を防ぐことができます。

 

APPS化粧水,副作用

 

毛皮買取トップページへ