ビタミンC誘導体,特徴

ビタミンC誘導体とは

 

ビタミンC誘導体とはどんなものなのでしょうか?調べていきました。

 

ビタミンC誘導体,特徴

 

ビタミンC誘導体とは?

 

ビタミンCは抗酸化作用や美白などの効果を発揮する成分ですが、ビタミンCの成分は非常にもろく、壊れやすく不安定なため、化粧水としてビタミンCを配合してもその効果を発揮されにくいという欠点があり、ビタミンCが浸透していかないという特徴がありました。

 

そんなビタミンCの作用を損なわないように人工的に改良して安定化させ、皮膚に浸透しやすくしたものをビタミンC誘導体といいます。
ビタミンC誘導体には、現在、化粧水などに配合されることの多い水溶性ビタミンC誘導体、クリームなどに使用される油溶性のビタミンC誘導体、両方の特徴を併せ持つ様々な化粧品に使用できるビタミンC誘導体の種類があります。

 

ビタミンC誘導体は肌への浸透力が高いだけでなく、肌へ浸透してからビタミンCになるという特徴を持ちます。不安定で肌への浸透力が低かったビタミンCをビタミンC誘導体したことで、安定したまま肌に浸透して、ビタミンCになり肌への抗酸化作用や美白をより効果的にしようとしたものなのですね。

 

ビタミンC誘導体,特徴

 

ビタミンC誘導体の成分

 

ビタミンC誘導体という成分には、水溶性・油溶性・水溶性と油溶性の両方を併せ持つ性質をもつものがあります。
水溶性のビタミンC誘導体は、皮膚に吸収されやすく、化粧水や美容液成分に含まれます。

 

リン酸型ビタミンC、アスコルビン酸グルコシド、アスコルビルエチルなどがあります。油溶性のビタミンC誘導体とは、本来は水溶性であるビタミンCに油を結合させて、エマルジョン状態にしたものです。
つまり水と油を合わせた状態で主にクリームに使用されます。テトラヘキシルデカン酸アスコビル、ステアリン酸アスコビルがあります。

 

水溶性と油溶性の両方の性質をもつものは、親水性と親油性があり、さらに浸透力が高くなっています。アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS)があります。

 

 

ビタミンC誘導体のまとめ

 

ビタミンC誘導体の成分について調べていきました。ビタミンCはそのままでは肌に浸透していくことが難しいために、人工的にビタミンC誘導体という形で、肌に吸収されやすい工夫がされています。
APPSはその中でも親水性と親油性の両方をあわせもつ性質をもっているので、肌への浸透力が高いのですね。ビタミンCは肌に良いからと積極的に摂取していたつもりでしたが、浸透力の問題もあることが分かりました。

 

 

毛皮買取トップページへ
ビタミンC誘導体,特徴