ビタミンC誘導体,APPS,違い

ビタミンC誘導体とAPPS違いは何?分かりやすく説明します。

ビタミンC誘導体とAPPSの違いはなんでしょうか。調べていきました。

 

ビタミンC誘導体,APPS,違い

 

 

APPSは親水性と親油性をあわせもつビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体には、水溶性のビタミンC誘導体と油溶性のビタミンC誘導体と、水溶性と油溶性の両方の性質をあわせもつビタミンC誘導体があります。
APPSというのは、水溶性と油溶性の両方の性質を持つビタミンC誘導体のことであり、肌への高い浸透力があります。

 

肌に浸透されてから、ビタミンCになるので、エイジングケア効果や美肌効果などがビタミンCそのものを塗るよりも効率的に肌に取り込まれることになります。

 

しみやくすみ、ニキビ予防やニキビ跡、色素沈着や小じわ、毛穴の開きや毛穴の黒ずみなどに効果的です。
ただ、肌を潤す効果はあまりないので、保湿は別にクリームや化粧水を塗るか、保湿成分配合のAPPS化粧水を選ぶ必要があります。
APPSは全ビタミンC誘導体の中で、もっとも浸透力が高くなっています。浸透力は他のビタミンC誘導体の100倍となっています。

 

ビタミンC誘導体,APPS,違い

 

APPSには種類はありません

 

APPSは本名はパルミチン酸アスコビルリン酸といいます。最新型ビタミンC誘導体アプレシエのアプレシエとは一般名(商品名)のことを指します。APPSは従来であれば、イオン導入を使わないと届かなかったビタミンC誘導体を肌の奥まで届けることができます。

 

APPSは従来の化粧品では届かなかった真皮層にまで、有効成分が届きます。
ニキビ跡やシミなどは、真皮層にある肌のトラブルでありますが、化粧品は、角質層という肌の表面までしか浸透しません。また、化粧水は薬品ではないので、保湿の効果のみを出すように作らないと法律違反になります。

 

APPSは薬品ではありませんが、真皮層にまで有効成分が届く優れたビタミンC誘導体となっています。

 

 

 

ビタミンC誘導体とAPPS違いのまとめ

 

APPSとビタミンC誘導体の違いについて調べていきました。APPSとはビタミンC誘導体の一つになります。
親水性と親油性の効果をあわせもつことにより、肌の真皮層にまで働きかけて、肌トラブルを解決していく効果があります。

 

もちろん、角質層のケアも一緒に行ってくれます。保湿という点では少し課題が残る物質であるので、APPS化粧水を選ぶ際には、保湿ケアを十分に行えるAPPS化粧水を選ぶことをお勧めします。

 

APPS化粧水でケアした後に、保湿クリームなどを塗ることもいいです。それでも、他のビタミンC誘導体と比べると、保湿の面や、安定性の面でも優れた特性をもっているのが、APPSになります。

 

ビタミンC誘導体,APPS,違い

 

トップページへ