APPS化粧水の使い方

APPS化粧水の効果的な使い方!重要ポイントを紹介します。

APPS化粧水とは、高浸透型ビタミンC誘導体APPSを配合している化粧水を言います。
最近では、アンチエイジングの期待から、人気の高い成分で、APPS配合のビタミンC誘導体化粧水も増えています。

 

APPS化粧水の使い方

 

APPS化粧水の使い方

 

アプレシエには、水にも油にも親和性が高いという特徴があり、様々な化粧品に配合することができます。
また刺激性も低いので、敏感肌の方でも使用することができます。
ただ、アプレシエは比較的安定性が低いので、化粧水に溶けた状態では変質しやすく、配合するのが難しい成分とされています。

 

そのため、市販のアプレシエ製品は、化粧水とアプレシエが分かれていて、使う直前に自分で混ぜて使うセパレートタイプや短期間で使い切るタイプなどがあり、より良い状態で、肌の角質層まで、ビタミンC誘導体を届けられるように工夫されています。

 

APPS化粧水の作り方や使い方は、上質の水(精製水やミネラルウォーター)を用意し、容器に50mlとアプレシエの粉を入れてよくシェイクするだけでOKです。
そして、使う前にもう一度シェイクして、使うときには500円玉大を手に取って手で温めるようにして、肌になじませていきます。特に乾燥が気になるときには、その目安量を何度かに分けて肌になじませていくと、より潤います。

 

 

 

APPS化粧水は使う前に作ることが重要

 

APPSは化粧水の中では安定して存在することが難しいので、使う前に混ぜ合わせて短期間で使い切るのがいいです。
作った化粧水は長くても1か月以内で使い切ることをおすすめします。また、原料も、保管には注意が必要です。

 

直射日光や高温多湿では保管ができないので、到着後三日以内には化粧水として作り、冷蔵保存するか原料の状態で保存するのであれば、半年間は冷凍保存が可能です。
APPSは加水分解性が高い物質になるので、
水に溶かすと鮮度が落ちていくのですね。

 

 

 

APPS化粧水の効果的な使い方のまとめ

 

APPS化粧水の使い方について調べていきました。
高浸透型ビタミンC誘導体としてエイジングケアに注目されているAPPSですが、加水分解性が高く、化粧水中では安定して存在できないので、化粧水を自分で混ぜて作る必要があります。
作った化粧水は1か月間は冷蔵庫で保管が可能です。ニキビ跡の改善やしみ、くすみなどにも効果的なので、美白を意識したスキンケア商品を探している方にとってはおすすめの化粧水です。
APPS化粧水で透明感のある肌を持続できるといいですね。
自分で品質管理もしっかり行う必要がありますが、効果が感じられる化粧品になっています。

 

APPS化粧水の使い方

 

トップページへ